日本国際高等学院とは

日本国際高等学院は、通信制高等学校のサポート校です。 通信学習により、独学で高卒資格を得たいという方のサポートをするための学習支援施設です。 このほど開設された八戸校は、学習塾として25年の実績がある「大学堂学苑  大町進学教室」が母体となっています。

高等学校卒業資格は、大学進学を目指す方にはもちろん必要ですが、多くの場合、就職を希望する方に対しても求められているのが現状です。 全日制の高等学校を卒業するという方法以外で進学や就職の選択肢を広げたいという場合には、通信制高等学校等で必要な単位を取得するという方法もあります。

しかしながら、独学で通信制高校の卒業を目指す場合、「モチベーションの維持が難しい」などの問題点があり、3年間で卒業できる割合は全体の2~3割程度といわれています。 サポート校である当学院は、通信制高校生の学習面や精神面を支えることで、卒業までを支援します。

通信制高校とサポート校

通信制高校では、高等学校の教育課程をレポート提出などの通信形式で実施します。 生徒は、卒業までに必要な単位を取得することで高校卒業となります。毎日の通学が困難な方や仕事をしながらという方でも、自分のペースで高卒資格を取得できます。 しかし、学力に不安のある方や仕事を抱えながら学習する方が、独学でスムーズに全単位を取得するのは容易な事ではありません。

そのような方々が途中で挫折することないよう、個々の状況に応じたカリキュラムの組み方、勉強方法、レポート提出、テスト、スクーリング引率などの支援を行い、学習面のみならず、精神面でも支え、卒業までを手助けするのがサポート校の役割です。

卒業までに時間がかかるといわれる通信制高校も、サポート校を併用すれば、全日制の高校と同じ3年で卒業することができます。 高校を中退した方の場合は、通っていた高校の取得済単位を活かすことができる場合もあります。 通信高校制やサポート校について詳しく知りたい方は、Q&Aを参照の上、当学院までお気軽にお問い合わせください。